思い出したらかりかりしてきました

今日も明日も眠いような気がする毎日なのですが、最近になってはたと思った事がありました。

自分が短歌だとか、俳句とか、認められてもいないのに、成功していると思い込んで芸術家ぶっている人が、世の中にはいるという事なんですね。
あんた言い過ぎではないかと言われそうですが、実際そういう人を知っている人は少ないと思うのですけれど、探してみると、結構出てきます。

俳句や短歌、川柳は協会があって、書き方があり、その会派の先生に認められれば、割と名前に乗るくらいなのですが、ほんの一部を除いて、一般的に、じいちゃんばあちゃんの暇つぶしが、結構入っているという事に、その人たちは気づいていないようです。
なんだか、思い出したら苛々してきました。
私もその一人だったので、なんだか自分の書いたへたくそな詩集なんて捨ててしまいたいと、本当に思っています。

血糖値高いのかもしれませんけれど、あれは本当にトラウマになっているので、辛いものがあります。一括査定

思い出したらかりかりしてきました

ドラマ、あなたの事はそれほど。への不快感

つい観てしまうくせに、文句を言いたくなるドラマがあります。
あなたの事はそれほど、という波瑠ちゃんの出てるドラマで、漫画をドラマ化したもの。

漫画で少し読んだことがあるのだが、本当に主人公にイラっとさせられてしまいます。
大して好きでもないのに夫と結婚して、その後になってすごく好きな初恋の人と再会して不倫に走るという話です。

なんか、不倫されてる旦那さんが可哀想過ぎて、主人公にムカつきます。
好きなら何してもいいのかよ、と言ってやりたいです。

でも、やっぱり観たくなっちゃうのには話にそれなりの魅力があるからなんでしょうね。
そして、誰にも心の底にほんの少しそうした願望があるのかも、なんて思っちゃいます。

昔好きだった人に結婚してから会っちゃったら、と自分に置き換えてしまう人、少なくないんじゃないでしょうか。
私の場合、ドラマを夫と観てしまったので何となく心を読まれてしまうような気がして気まずかったです。
だって、私も昔の恋人を思い出しながら観てしまってましたから。dangerformayor.com

ドラマ、あなたの事はそれほど。への不快感